警備員の仕事があまりにも退屈すぎて退職を決意しましたが、それからが大変でした

23歳の時、警備会社に正社員として入社しました。主な仕事は商業施設や、オフィスビルでの警備でした。

「3年働かないと、その仕事のことはわからない」とよく言われますが、僕はこの会社を1年4カ月で退職しました。3年働いても、おそらく結論は変わらなかったと思います。

退職しようと思ったそもそものきっかけは、最初の配属先を「人手不足」という理由で3日で移動になった時です。

初めての社会人経験で、この場所で頑張ろうと毎日必死にメモを取っていた僕ですが、完全に出鼻をくじかれた格好でした。この会社とはあまり深くかかわらない方がいいかもしれない、と思いました。その時に仕事への情熱を失ったまま、退職するその日まで、失った情熱を取り戻すことはありませんでした。

退職のきっかけは上に書いた通りですが、実際に決意させた理由は複数あります。しかし、一番の理由として、あまりにもつまらなかったというのが挙げられます。

施設警備の仕事の8割はただ立っているだけなのです。もちろん、警備員が忙しいということは緊急事態が発生したということであり、好ましいことではありません。

しかし、時にはただただ5,6時間立ち続けるだけの日もありました。はっきり言って、退屈でした。

派遣先によっては、屋外で立ち続けることもあり、台風の中立ち続けたこともあります。

そもそも、人間の脚の筋肉は、立ち続けるためにはできていないそうです。歩き続けるよりも立ち続ける方が疲れやすいらしいのです。

また、24時間ごとに交代という勤務体系も、苦痛でした。
勤務時間は実質16時間で、8時間休憩はありましたが、丸1日職場から離れられないというのが耐えられませんでした。

多少、通勤に時間がかかっても、一度家に帰った方が気持ちをリセットでき、仕事に対してやる気が出る、ということがわかりました。

さらに、24時間勤務した後も、2回に1回、3時間半の残業があり、交代要員が休んでしまったため、36時間勤務になってしまった先輩もいました。

頑張って出世すればこの地獄から解放されるのでは、と思いましたが、副隊長も隊長も、さらにその上のマネージャーも常に忙しそうで、どこまで行っても終わりが見えませんでした。

さらに恐ろしいことに、ネットの掲示板などを見ていると、僕のいた会社は警備業界ではまだ良心的である、ということでした。残業代が出ない、より過酷な勤務体系だ、などという話は枚挙にいとまがありません。

こんな仕事辞めようと思いましたが、いきなり辞めてもお金がないし、後悔する可能性が高いです。

そこで僕は、「仕事をやめる日」を設定してみました。

体力、経済、時間、精神の四つに余裕があるかどうかを基準に、半年後をやめる日として設定しました。

なにがなんでもその日にやめる、というわけではありません。それまでに状況が改善されれば仕事を続けようと思ったし、それまでに我慢できなければ、半年を待たずに辞めるつもりでした。

それでも、この地獄がいつまでも続くわけではなく、半年たてば解放されるともうだけで、だいぶ楽になりました。

そして半年後、状況は改善されるどころか、弱冠悪化していたので、予定通り会社に退職を申し出ました。

そこからがさらに大変でした。会社は損害賠償を請求するだの、様々な理由をつけて引き留めにかかりました。

僕は、どんなことを言われても、その場で判断せず、ネットで調べてから回答していました。

調べてみると、会社側が言うことにすべて法的根拠はありませんでした。退職するだけで損害賠償しなければいけないことなどありません。正社員が退職の申し出をした場合、基本的に会社にそれを強引に止める手段はない、ということを学びました。

会社が退職を許可したのは、退職日の1週間前でした。

会社を辞めようか悩んでいる方は、とりあえずやめる予定日を設定してみることをお勧めします。また、退職を申し出た後は、会社からどのようなことを言われても、その場で回答せず、一度きちんと調べてみるべきです。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. タロット より:

    ずっと突っ立っているだけの仕事をしていると、これが本当にやりたい仕事なのかと思ってしまいます。
    ただただ、時間が過ぎるのを待つだけというのは苦痛、、、

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*