公立保育士は安定していますが、その分、やる気のない職員が多いです。

子どもとかかわる仕事に就きたかった私は、公立保育士になりました。

初めのうちは仕事や子どもに慣れることに精一杯だったため、気がつきませんでした。

しかし慣れてきて、自分の気持ちを表に出せるようになってくると、気がついたのです。

それは、どの職員もやる気がないことでした。

公務員になると収入は安定しますし、将来も約束されています。

よっぽどな問題を起こさない限り、クビになることはありません。

そのためか、最低限の仕事しかしない人ばかりでした。

私は子どもが好きで、子どもができる限り楽しい毎日を過ごすための手助けをしたいと思っていました。

そして自分の生活を考えた場合に、公務員だと安定して良いと思ったため、公立保育士になったのです。

しかし公立保育士の実態を知り、辞めたくなりました。

初めのうちは辞めることは考えず、職員の気持ちを変えていこうと努力しました。

新しいイベントを提案したり、おもちゃの配置を変えるなどの環境への提案をしたりもしました。

子どもとも積極的にかかわるようにし、少しでも気になったことが合ったら上司や先輩に相談してみたりもしました。

しかし、例え子どものことであっても、上司や先輩は積極的に動いてはくれませんでした。

少し程度のことは、私から聞いても、「ふーん。」だとか、「そうですか。」だとかの一言だけで済ませてしまうのです。

そして何も子どもへのフォローをしてくれません。

仕方なく私一人で行っていました。

子どもが好きな私にとって、その仕事自体にストレスを感じることはありませんでしたし、寧ろ楽しく取り組んでいました。

しかし、職員の態度をみているとイライラしてきてしまいます。

また、何か新しいイベントを提案した時には、「それは危ないから。」の一言だけです。

「危ないけど子どもたちに体験させたいから、改善しよう。」という気持ちがないのです。

そもそも、本当はそこまで危なくないことであるのに、面倒だからそう言われたことばかりです。

例年通りのものを行えば準備もしなくて済むためです。

そんな毎日に最終的に耐えられなくなりました。

そこで転職活動を始めて、私立の保育園へ見学や実習、面接でお邪魔するようになりました。

そうしたところ、一日行っただけでもわかるほど、職員のやる気が満ち溢れているのです。

私は公務員の安定よりも、仕事への充実を求め、転職することに決めました。

仕事を充実させて一所懸命働けば、それに伴った収入もあるものです。

収入の安定は自らで切り開けば良いのです。

転職して良かったと心から思っています。

わたしが保育士の仕事を辞めた理由について。

わたしが仕事を辞めたい理由についてここに記していきたいと思います。

まず、わたしは男性でありながら保育士という仕事に興味を持ち、そのために大学に進み卒業し晴れて二年前にその職業に就くことができました。

しかしながら、理想と現実にはやはり差がありとても苦労をしましたし、辞めようと思いました。

まずわたしが志した理由として、小さいころにサッカーを教えているお兄さん(先生)がいて、その人は子どもたちからとても大人気でいつも園児たちに囲まれていた記憶があります。

その人のように自分も大人気の先生になりたいと思い、保育士になりたいと志しました。

しかしながら先ほど言ったように現実はそんなに良くできていなく、とても精神的にも身体的にもきついものがありました。

それについて書いていきます。

まず、精神面についてです。

保育士は、皆さんも想像する通り、女の人が多い、女の人が活躍しているというイメージがあるかと思います。

そのイメージ通りで、保育園で働いているのは園長をはじめ、私以外全員女の人でした。

ですから、まず着替える場所などは、ほぼないし、いつも空いた時間を見て、周りに人がいないことを確認してから着替えていました。

このようなことで常に周りに気を配らなけらばいけません。

その気を配るという点では、もう一つあります。

それは親の目です。

私がクラスを持った時に、あの男性の保育士はしっかり面倒を見ることができるのか、しっかりとお遊戯会の支度できるのか、という不安を常に噂されていましたし、実際に親御さんから直接指摘を受けることがありました。

例えば、園児の一人の子が友達と遊具で遊んでいて、膝やひじを擦りむいてしまったとします。

そしたら、その園児の親御さんからいきなり連絡がきて、「あなたはプロでしょ?」「これだから男の保育士だからこうゆうことになるんだよ」という差別的なことも言われたこともあり、本当に精神的にきた時もありました。

しかし、女性の職場であるので、こういうときに頼れる、愚痴を聞いてくれる、分かってくれる人がいなく、自分で解決することしかできなく本当にしんどかったです。

続いて、身体的な苦痛についてです。

まず保育士には、お遊戯会などの行事や、指導案の作成など、手当がつかない残業がたくさんあります。

それで朝は園児が来る前に登園しなければいけないので、睡眠時間が削られ、毎日栄養ドリンクを飲む日々で、本当にしんどかったです。

もう一つきつかったのが、なかなかトイレに行けないことです。

やはり園児からは目を離すことができないし、もしトイレに行ってその間に園児が怪我でもしたらすべて私の責任であります。

その結果私は、膀胱炎になったほどでした。

このように精神的にも、身体的にも苦痛で、これらのことが私が保育士を辞めた理由です。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*