先輩看護師の新人いじめで病院を辞め、違うところへ

誰に挨拶をしてるんだろう。

朝、出勤するとナースステーションの入口に立ち「おはようございます」

休憩に入る前には「先に上がらせていただきます。」

帰宅する際には「お疲れ様でした。お先に失礼します。」

必ず、挨拶をします。けれど、入社1年間は返事が返ってくることはほとんどありませんでした。

ですが、もし挨拶が小さかったり忘れたりすると先輩看護師からはすぐに陰で言われ、

最悪の時は呼び出されます。たとえ、きちんと挨拶していても先輩看護師に聞こえなければ全く意味がないのです。

1年上の先輩たちからは、「さらに上の先輩看護師から箝口令が出ているので挨拶出来ずにごめん。」と言われました。

主に指示を出していた先輩方は30代中頃でした。

毎日の挨拶に返事もなく、けれど挨拶しなければならない状況下で1年間我慢すると

2年目からは返事をしてくれるようになります。ですが、その時にはもう心が拒絶しているんです。

全て「で?」で返される。

勤務交代の引継ぎの申し送りの際に、30代中頃の先輩が相手の場合はもう威圧感たっぷりで頭が真っ白になることが多々ありました。しかも、申し送り中ずっとボールペンで机を「コツコツ」叩くのです。

そして、一方的な申し送りの切れ目で必ず「で?」と聞き、返答するとその返答に対しても「で?」と聞くのです。

それが何度も何度も繰り返され、返答出来なくなると最後には「もういい。何も分かってない。」と言われるのです。

本当にその先輩方に申し送りしなければならない時は朝から憂鬱で出社拒否したくなるのです。

同僚は申し送り前になると、トイレに駆け込み吐き気と戦っていました。

勤務日以外の失敗も新人のせい。

ある日、突然に先輩看護師から記録してない日があるから記録してっと言われました。

ですが、その日は勤務日ではなかったので、そのことを説明しました。

ですが、当然のように聞き入れてもらえず無視されました。

また、別の日には片付けをしていなかったと注意されました。

全く身に覚えのないことで、自分の勤務を確認すると勤務日ではありませんでした。

ですが、訂正したい気持ちよりも話しかけたくない気持ちの方が強くそのまま私のせいになりました。

結局、その病院で3年働きましたが先輩看護師への信頼や尊敬の気持ちが持てず他の病院へ転職しました。2年目以降は1年目に比べコミュニケーションをとる事が出来たのですが

やはり1年目に受けた精神的ダメージは回復出来なかったです。

意外と高い!?看護師の離職率は約10%

私は看護師の仕事で、体を壊しました。

先日、5年務めた看護師を辞めました。

とにかく残業、残業、残業の日々でした。

日勤は21時に帰宅、夜勤の定時は24時なのに朝日が昇ってから帰宅したことも沢山あります。

救急病院なので、24時間とにかく大忙しでした。

定時に帰ったことは片手で数えるほどしかありません。

帰ってくると、いつも先に帰宅した夫がご飯を作って待っていてくれました。

洗濯も皿洗いも1週間に1回できればいい方で、掃除は1ヶ月間できないこともザラでした。

年々残業は増え、いろんなことを沢山任されるようになり、完全にキャパオーバーしているとわかっていながら無理をして仕事をしていました。

結果、何度も何度も倒れました。

度重なる過労とストレスで自律神経が完全にやられてしまい、不眠から始まり最後には突発性難聴や鬱で寝たきりになったこともありました。

それでも、ちょっとお休みを頂いた後は何事もなかったかのように仕事に復帰していました。

周りの先輩後輩も、きつい中頑張っているのに私だけ休むわけにはいかないと思っていました。

周りも同じ気持ちだったのでしょう、どんなにきつくても皆黙って仕事をしていました。

何度も体調不良をぶり返しながら騙し騙し仕事を続けていると、段々休んでも身体の不調が回復しなくなりました。

最後は結局復帰しきれず、そのまま退職しました。

本当に悔しかったです。

仕事は好きでした、やりがいもありました、でも体がついてきませんでした。

最後までどうして私だけがリタイアしなければならないのか、本当に悩みました。

よく看護師の職場は人間関係が悪いという話を聞きますが、元職場は上司も部下も諍いや派閥などなく和やかな環境でした。

逆に人間関係が良かったために、すぐに「辞めよう」という決心がつかず結果的にズルズルと働き続けてしまいました。

思い返せば、仕事にすべてを捧げていた数年間でした。

好きな漫画や小説を買うことも、好きなアーティストのライブに行くことも、テレビを見ることも、ほとんどしなくなっていました。

休日はほとんど寝て過ごすか、病院に通っていました。

今思うと何が楽しかったのだろうと思います。

私は仕事を辞めた今でも体調不良が続き、簡単な作業すら休み休みでないと行えません。

いつ良くなるのか、検討もつかず療養生活を送っています。

こんなになってようやく、仕事のやりがいは大切な体を壊してまで得るものではなかったのだと気づきました。

人として尊厳が保てない生活になった時点で、辞めてしまうべきだったのです。

私は気が付くのが遅かったので、大きな学びを得た反面、大きな代償を払うことになってしまいました。

世の中のブラック企業などで働く方々へ、最後に大切なのは自分の身体です。

「辞めたい」と思った時点で辞めどきです。

どうか私のようになる前に、仕事を辞める決心をしてほしいと切に願います。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*