『製造総務』役職についてから重責で辞めたくなりました

私は、製造メーカーの総務担当をしているサラリーマンです。

入社して6年目に役職者になったのですが、その初めの頃が一番会社を辞めたいと思った時期でした。

それまでは、総務の1スタッフとして、自分の与えられた仕事を正確に速くこなす事だけを考えて仕事をしていたのですが、役職に就いてからは、今までの仕事にプラスして、部下3名の仕事の管理や他部署に対しても責任を負う立場になりました。

この6年目での役職就任は現職の中では、早い出世となっており、それまで、優しく接してくれていた方からもひがみ的なものがあたったのか、非協力的になってしまいましたし、部下についても自分より年上の方ばかりで、指示する事に対して

一つ一つ説明を求められたり、また、他部署からも自身の仕事だけでなく、総務全体についての仕事説明や不備に関する厳しい指摘を受けたりして、僅かな役職手当でこんなにも環境が変わってしまった事に順応ができずに毎日、本当に辞めたいと思っておりました。

しかしながら、現職は新卒で入社して転職した2社目の会社であったので、ここで退職したら転職グセがついてしまうと考えたり、役職から外して欲しいという事は、現職での将来がなくなってしまう事を意味する事から絶対に言えなかったです

また、プライベートでも結婚したばかりで妻を不安にさせたくないという考えもあり、結局は、退職に踏み切れませんでした。

この時にどのようにしてその状況を切り抜けたのかというと退職を決断できないのならば、自分自身が変わるしかないと強く誓い、実行したからでした。

辞めたとしても、人を管理する立場というのは、どこの企業でも経験しないといけないですし、部下が年上であるという事もいつか経験をしなければならないと思いました。

それが自分には少し早くその時期が訪れたのだと言い聞かせ、また、厳しい指摘を受けるのも自分がしっかりと部下の仕事に目を向けていなかったからだと思いました。

そのように色々と考えている中、周りが悪いのではなく、環境に順応できない自分が悪いと気付かされました。

長いサラリーマン生活、同じペースで同じ目線で仕事を続ける事ができる訳がないと気付かされましたし、皆から好かれようとする姿勢は改めないといけないとも感じました。

そこからは、完全に開き直って、周りからも何か変わったねと言われるぐらいに自分を変える事でこの状況を切り抜ける事ができました。

それ以来、環境が変わる度に自身が求められている事は何か?

を考え、それに合わせるように自分を変えるという事で今がありますので、同じような理由で辞めたいと考えている人には、自分自身を変えて、それでも、何も変わらず退職したいのなら、退職したほうが良いと言いたいと思います。

業績不振だからと社長がやりたい放題するのでキャラクター会社を辞めました

キャラクターが大好きで美大を出て、キャラクター会社の試験にパスして、キャラクターデザイナーとして雇われました。

最初はアシスタントとして、チーフデザイナーの下で働いていて、社長もその年は業績が良かったので、割と新人を多く雇ってくれたので、同期も私を含めて7人と、
小さな会社にしては割と多めに採用してくれたのです。

しかし、入って半年くらいして、どうも伸び悩みと言うか、業績が良くない方向に向かっているみたいで、次第に社長の機嫌が悪くなっていったのです。

中小企業なので、もちろんというか社長が営業をしてきて、みんなの商品を世に出すのですが、それがヒットしないと私たち、新人はかなり目の敵にされました。

チーフは古株で過去の業績もあるので、チーフにはあたりませんが、私たち新人はヒット商品が世に出てないとなるとただ飯食いだとか言われて、毎日何かと嫌味を言われていました。

そのうち、社訓を空で覚えてこいということで覚えてきたかテストするというので、覚えてきたら覚えられなかった同期はバケツに水を汲んだものを両手に持たされて、廊下に立っておくという、本当に信じられない罰を与えていました。

それから2か月後にやはりこのままでは経営が無理になってきたので、同期のリストラが始まり気付くと7人いた同期は最後、4人に減ってしまったのです。

首を切られていく同期を見るたびに胸が痛みましたが、私もまだ何もキャラクターを生み出してないので次のターゲットにされていました。

そのうち、一つ上の先輩と小さなチームを作らされて、私たちはチーフのグループからも出されて二人でキャラクーを作るということになりました。

これも今思うと、社長の差し金ではと思いますが、その時は必死だったので、先輩と一緒に何作もキャラクターをひたすら作っていました。

実力がなければ、生き残れない世界なので、しょうがないとは思いますが、それでもこの業界のイロハも知らない新人なのですから、育ててくれるという気持ちがもう少しあればと思います。

その日も、社長がやってきて、色々嫌味を言ってたのですが、先輩が私をかばったせいで、今度は先輩がターゲットになり、結局先に先輩がリストラに合う羽目になってしまったのです。

とことん、落ち込んでいるときに社長に呼び出されて社長室に行くと「僕は君のことはいらないと思うんだけど、チーフの一人がまだ君を残してほしいというから、残すことにしたよ」と言われました。

そこで、私の中で何かがプチッと切れたのです。

「いいえ、残してもらわなくて結構です。こちらから辞めさせてもらいます」

そう啖呵を切って社長室を出ていきました。

後でチーフたちや残っていた同期からも引き止められましたが、こんな理不尽な会社に残っても自分の未来に何が残るのか?と思ったのです。

社長だからといって、業績不振だからといって、辞めさせ方も何もかもが納得できるものではなかったのです。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*