【ブラックSE】納期へのプレッシャーがきつすぎると感じる方へ

SEは時代の華形産業のように感じられる方も多いかもしれませんが、実は中々大変な仕事でもあるのです。

時代はIT全盛です。より多くの素敵なアプリケーションをどんどん自分で作っていく事で世の中に対して大きあん影響を及ぼしたいとは多くの方が考えています。

しかし、そのような時代のトレンドとは裏腹にこの業界は慢性的な人手不足に陥っています。多くのプロジェクトの納期が短くなり、また工賃等も安くなっていく中で、自分の仕事を完璧にこなすには必然的に残業や休日出勤は当たり前の時代となってくるのです。

職場でも多くの方が慢性的に疲れている職場なので、自分の身もいずれはこうなるのかと危惧しながら働いていした。

どんどん多くの仲間が離職していく中で自分もどんどん疲れが溜まり、プライベートな時間ももてない緊張感とストレスから退職を決意しまた。

本当に自分がやりたい事だと思って志した分野ですが、職場によっては過酷なブラック企業としての運命が待っています。より多くのスキルを磨いてビジネスを成功に導きたいと考えていても自分の好きなようにプロジェクト間の休みを取る事ができるわけではないので、段々とフラストレーションが貯まる環境ができあがっていくのです。

より多くのスキルを構築して頑張っていきたいと考える前向きな新人もどんどん入社するのですが、IT土方と呼ばれる構造的な問題にまだ遊びたい盛の若手はどんどん退社していきます。

自分のスキルを磨く事を楽しんでいきたい方にとっては最適な環境ですが、常に肉体や精神に関しては十分な注意が必要です。管理職ともなると指示や懸賞のみかと考えるのですが、自分自らも指導や管理を行いながら一線でSEとして働かなければならない環境がいつまでも続いていきます。

このような環境ですから入社して新入社員も会社や出世に夢を持つことがだんだんとなくなり、組織全体が硬直化していきます。

どんどん職場に疲弊感が漂うので、辞めていく人間mも大変多いのです。これからの時代を担う大変重要かつ有望な産業ではあるのですが、まだまだ組織や仕事の進め方に関しては改善が必要とされる業界です。

入社する環境で大きく異なってきますので、その点を十分に考えて会社訪問や面接等をおこないましょう。より多くの仕事の中から自分が選んだ職場ですが、やはり自分の肉体や精神を崩壊させてまで働く必要はないのです。どうしてもしんどいと感じられるようであれば転職を行いましょう。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*