体調を崩す前に退職。自分を守る為に逃げました。

メーカー系SIerでSEをしていましたが、5年目に退職しました。

仕事量の面でも、体制の面でも、精神的にも頑張れなくなったのが理由です。

まず、仕事量。

当時自分はあるシステムの運用リーダーとして、社員2名、派遣3名を纏める立場にありました。

担当範囲は日々のエラー対応から小規模開発、営業活動まで全般的に渡るものでした。

またシステムのユーザーは国内だけでなく海外にも及んだ為、勤務時間などあってない様なものでした。

毎日パソコンと携帯を持ち歩き、通勤途中の駅ででエラー対応を行ったり、自宅で海外とテレビ会議なんていうこともごく普通でした。

メンバーはみな経験が浅く、主体的に活動できる状態になかった為ほぼ単独でフル回転している状態でした。

負荷の高さは一向に改善されず、日々の作業に追われる毎日。

健康診断の結果は悪く、このままだと身体を壊す、という、危機感がありました。

同期達は異動したり、資格をとったり、業務の領域を広げていく中で、ニッチなこの仕事に縛られ続ける状態ではキャリアアップなど夢のまた夢。

30を目前に、転職するなら今のうち、と思いました。

体制面でのフォローが欲しいとリクエストしたこともありましたが。これも叶わずでした。

上司であってもシステムの詳細を知っているとは限りません。

トラブル対応の際に相談できる相手もなく、対応を分担できる人もいないのはキツイと改善を求めました。

3ヶ月で状態が変わらなければ辞める、と宣言。

補強に来てくれた派遣さんが優秀で、一時状況は、改善しましたが、その人も家庭の事情で離職する事となり諦めた自分がいました。

精神的に辛い状態はこの1年半前から起きていました。

以前はチーム統括者と後輩社員を含めた4名体制でした。

このチーム統括者と後輩はシステムにも明るく、優秀な人であったのですが、それに比べて劣る私を苛め続けました。

電話に出ない、私の失敗を大声で言いふらし笑う、ふたりでコソコソチャットをして笑う、仕事を押し付けて帰る。

そんなことの繰り返しでした。

私が熱を出してフラフラだった時も「明日はふたりとも有給だから、あんた出てね」と言われましたし、挙げ句の果てにはふたり同時に退職。

精神的疲弊はとても大きいものでした。

何度もツライと訴えたものの、改善されたのは他の同僚が問題として然るべきところに話に行ってくれてからでした。

ふたりが辞めて自分がリーダーになってからも精神的にはキツかったです。

交代要員はいないし、お客からの指名は増えるし、仕事量は急増しました。

またメンバーは全員自分より5歳以上年上。

「.年下でしかもオンナのクセに」と言われることもしばしば。

打合せのボイコットや、話を聞いてもらえない事も普通でした。

私が毎日7:00~23:00勤務をしている中、彼らは残業もせずふらふらお気楽な毎日。

とても耐えられなくなり退職することになりました。

こんな場所で頑張ることに嫌気がさしたとでも言うのでしょうか。

離職して1ヶ月、無理が祟って体の不調があちこちにでました。

勇気をもって逃げて良かったと思っています。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*