ブラック企業で給料遅延、転職を決意しました

新卒で入社した印刷会社が経営悪化で廃業した会社はまさにブラック企業でした。

営業職で入社し、2ヶ月程度研修をした後は即配属でした。

新入社員は9時始業でしたが8時15分には出社し、事務所の掃除、ゴミ捨て、トイレ掃除までしていました。

先輩社員が出社すると地獄の朝礼が始まります。毎朝30分程度、相談役から部長まで長々長々有難い話をしてくれます。

夏の暑い日は体の弱い女の子は気分が悪くなり、倒れる人もいました。

営業は9時15分には会社を出ます。アポイントがなくても会社を出ます。社内業務があったも会社をでます。

「社内には仕事はないぞ」が合言葉で、9時20分には営業の部屋の電気は消されてしまいます。

当時はパソコン作業もそれほどなく、電卓と見積書があれば営業出来たので新入社員の私はそれが普通を思っていました。

また、当然のことながら営業職は残業代がございません。

月4万円程度の営業手当が支給されますが、残業、土・日・祝の休日出勤もこの営業手当に包括されます。

営業は皆だいたい60時間は残業等をしているので時給に換算すると666円位です。

このころは社会人は大変な仕事であると親父を尊敬したのを覚えています。

このように職場環境は劣悪でしたが、新卒で入社した会社で、就職氷河期であったためこの会社で頑張ろうと一生懸命働きました。

営業の仕事は楽しく、会社の経営は悪化していましたが頑張っていました。

経営悪化が顕著になり始めたのは、まず営業の事務所が自社ビルの6階から地下1階に移転しました。

地下事務所の環境は劣悪です、携帯電波が入らない・夏はじめじめしているととても長時間働ける環境ではありませんでした。

次にボーナスが出なくなりました。しまいには給与支払いの遅延、月にまとめてではなく週払いになりました。

私は独身であったので何とか生活できましたが、家族のいる人たちはかなり大変であったと思います。

従業員は「これは終わったな」と皆思いました。

従業員は会社に嫌気をさし、次々と辞めていきました。

私は営業職であったため、お客様へのお詫び等で半年位残務整理をしてました。

会社の廃業でなにがつらいって、お客様に迷惑を掛けてしまうことが一番辛かったです。

このような環境で私自信も残務整理が終わり、会社に辞表を出し、このブラック企業から転職をしました。

ブラック企業でありましたが、いい仲間と仕事が出来てとてもいい経験をしたと今では思っています。

ちなみに退職金などはもちろん出ず、労働センターに相談をして国から退職金の一部をいただきました。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*