『院長先生の老化』クリニックを辞めるか、潰れるか

透析科の個人が経営するクリニックで勤務しています。入れ変わりが激しく私はこちらのクリニックに就職して5年目になりますが、看護師で一番古くなりました。

未経験で入っているので管理職としては主任をしています。今は上に二人いる状態です。常に入れ変わりが激しい理由に長くは勤める事が好ましく無い環境だと言えます。

いじめがある訳でも無いですしスタッフはかなり仲良く協力的に仕事をしています。患者さんの数は総数130名ですが、正社員6名で回しています。

その内3名は他のクリニックと兼任です。又院長先生の意向で治験の類は何でも断る事なく取り入れます。勿論その手当はありません。アルバイトさんが一日5名程来るので業務を回す事は可能ですが、それらの責任の要る仕事は全て正社員の仕事になります。

院長先生は治験を受ければ受けただけ、その後は特に何のフォローもなく治験の対価を受け取っています。多くの代診の先生を雇いながら自分は毎日社交ダンスに出掛けて毎月100万円分の服を購入し整形に勤しんでいます。

それらの事は院長先生の儲けですので何に使おうが良いのですが、その割に人件費が高く付くと言いながら毎年何かしらの手当が削減されていきます。

入職して5年目です。その間に2度減額がありました。勿論そんな事は社員に一切知らされる事はありません。勝手に知らない間に少しずつ削減されています。

今回知ったのも経理を兼任しいている事務からタレこみがあったからです。始めに就職する時の就業規則とは少しずつ違ってくると少なからず不信感は貯まっていきます。

それに加えて院長先生は70歳を有に超えます。もうそろそろ脳の方も認知症治療薬ではどう仕様もない位衰えています。年単位で忘れていた事を昨年は月単位で忘れています。

そんな状況で仕事をしているといつババを踏まされるか分からないという恐怖はあります。5年の内の3人の上司は院長先生とのトラブルの元辞めました。

原因はその上司が行った行動を指示した、していないの水かけ論でした。そこに居合わせていないので一体どちらが正しいのかは今になっては分かりませんが、記憶力が年々乏しくなっている事は定かです。

又、その内の一人の上司に関しては院長先生の腹の虫が治まらなった様で裁判沙汰になっています。一生懸命働いてきた所で最後にそんな仕打ちがあるなんて耐えられません。

クリニックでは自分のプライベートの時間をしっかり持てる事、残業代も働いただけ付く事が保証されていました。なので基本給はかなり安いですが、皆黙って働いていますが、院長先生のその理不尽な立ち居振る舞いに関しては目をつむる事ができません。

老化という誰も止める事が出来ない局面に差し掛かっている方がトップのクリニックの恐怖は従業員としてはかなり大きい物があります。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*