病棟で看護師をやっていましたが人間関係に疲れて辞めました



私は大学病院で一般病棟業務をして働いていた看護師です。

看護師を辞めた理由としては色々とありますが、一番大きかったものは人間関係にあったと思います。

最近一般の方にも知られるようになってきた「チーム医療」という言葉ですが、これは多種多様な職種の人が集まって患者さんの治療にあたるというものです。

実際にお互いの弱点を補えあえるよい仕組みですが、治療方針を決めるのはあくまで医師であり、その発言力がどうしても大きくなります。

医師はたくさん患者さんを受け持ち、回診などで適宜患者さんを診るのに対し、私達看護師はナースコールの呼び出しや毎日の検温等、患者さんと関わる時間が長いです。

そのため患者さんに対する思いも違ってき、意見が食い違うような場合が多々あります。

話を聞いてくれる医師だと非常に有意義な話し合いができ、勉強にもなります。

しかし人の意見を聞かずに自分の意見を押し通す医師もいます。

口を出さないという選択肢もありますが、自分の意見をしっかり聞いてもらいたい私としては非常にストレスを感じるものでした。

次に看護師は働いている時間か非常に不規則です。

他の職種もそうかもしれませんが、日勤や夜勤、準夜帯などの割り振りがあるものの、その時間よりも早くに来て準備をしておかなければ業務が回りません。

終了時刻も記録をつけたりしていると定時に帰られる日は少なく、気が付くとぶっ続けで半日以上働いていた、というような日もあります。

患者さんという生きている人、ましてや病気にかかっている人相手の仕事ですので責任は強く感じますし手を抜くことはできません。

土曜日や日曜日に仕事が入ることもあり、どうしても休める時間は限られてきます。

そのため例えば高校の友達で他の仕事についている人等との付き合いは少なくなってき、自分の周りの看護師同士とつるむことになります。

仕事とプライベートも人間関係が変わらないので少し窮屈な思いがしました。

また、大学病院ということと関係があるかもしれませんが、アカデミックでプライドが高く、気の強い人が多くて疲れることもあります。

そんな環境ですので向かないと思った人は、働きだして割りと短い期間で辞めてしまう人も多いです。

そうなると病棟には比較的若い看護師と何十年も働いたベテランの看護師しかいない、というような状況になりやすく、立場の弱い若い看護師は愚痴や嫌味をベテランの看護師に言われやすくなってしまいます。

前述してきたように労働に対する疲れもありますし、なにより今の職場の人間同士の関わりに疲れてしまったため辞めるという選択に至りました。

私の職場だけの話かもしれませんのでまた、落ち着いたら他の職場で働くことを考えていきたいと思います。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. タカハシ404 より:

    >立場の弱い若い看護師は愚痴や嫌味をベテランの看護師に言われやすくなってしまいます。
    業界は違いますが、自分もベテランに陰口いわれることがあります。

  2. さくたろ より:

    人間関係って働く上で一番大切なんじゃないかと思います。
    改善できそうなら頑張れるけど根付いたものは難しいですよね。

  3. noeru より:

    看護師の仕事をして20年近くになります。私も転職を何度か繰り返しています。しかし、理由はそれぞれですが、やはり人間関係が良くないと続きませんよね。今は、病棟の人数の多いところに疲れて少ない人数でできる施設看護に移りました。自分の気の合う仲間と仕事ができるのが一番だと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*