ゆとり世代とモンスターペアレントに苦しむのに疲れた時は



教員を志す方は大変多いのではないでしょうか。

日本の将来を担う子供たちと共に大切な時間を過ごす事は大変重要な事です。子供達に人生や学問の素晴らしさを教える事はたいへん素晴らしい事です。

より多くの方にとって自分の子供の頃の学校の先生に対する憧れは大変強いものであったと考えられます。

自分もこのような教職に憧れて仕事を行っていきたいと考える方は大変多いのは当然ですがそれでもやはり、教師にはそれなりに大変な面も沢山存在しますので、その点からしても自分らしい夢や理想のみを追求できるという訳ではないので大変な注意が必要です。

最近ではゆとり世代やモンスターペアレントの問題が社会で大きく取り沙汰されています。モンスターペアレント問題等は教師にとって大変悩ましい問題でもあります。

子供を教育する際には躾という問題も大変重要な事です。多くの子供と普段接する中で、その子の良い所も悪いところもどんどん改善していくのが親や、教師の勤めですが、しかし、親が過保護な家では中々普段の教育に関しても教師のできる事が制限される事が大変多くなってきます。

ゆとり世代と呼ばれる彼らをいかに前向きにさせて楽しんで社会生活を送らせるかは大人にとって大変重要な問題でもありますので、学校側としても大変苦慮するところではありますがしかし、中々子供は教師や学校のいうことを簡単に聞いてくれるわけではありません。より多くの学習効率を考えたり楽しい時間を子供と過したいと考えていても、能動的な子供と受動的な子供の差が激しく簡単に教育を施すのも難しいのが現実です。

より高いレベルでの教育を行っていきたいと考えていても、中々思うようにできない場合が多いのも現実です。

時に厳しく指導すると教育委員会やPTA等で問題になるので、大変な問題となりますので、多くの教師も萎縮しているのが現実です。

段々と教師にもフラストレーションがたまり、あっという間に疲れてしまう方も多くなるのが現実です。

精神的にも肉体的にもしんどくなり、多くの同僚等が退職を余儀なくされています。

最近では文部省の政策変更などもあり、教育システム等も改善されていますので、有り難いですが、意識改革にはそれでも長い時間がかかる場合も大変多いのが現実です。

より自分らしい時間を楽しんでいくには行政や学校、親の方々との更なる協力や信頼関係の構築が大変重要な事となってくるのです。

教える事を楽しんでいく事は素晴らしいですが私が退職した時は心身ともにぼろぼろでした。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. ゆい より:

    教師のうつ病が増えていると、何かのニュースで見たことがあります。
    私も教師を目指し、教育学部に進学しました。
    だけど講義で教育の勉強していくうちに、志すことをやめました。
    これは一例ですが、セミがうるさいから学校の木を切れというクレームもあったそうです……。

  2. さくたろ より:

    ドラマのようなモンスターペアレント、ゆとり世代実際にうようよいますよね。
    なぜああいう行動ができるのか本当に理解できません。

  3. ぽちお より:

    自分の知り合いも教師をしています。今は本当に大変みたいですね。志のある若い先生がやめていくのは残念です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*