『欝寸前!!』手遅れになる前に転職をした夫

私の転職ではないのですが、主人の転職についてです。

建設関係の仕事で朝早く夜遅くいつも作業着は泥だらけ家族の為に頑張ってくれているのが目に見えて分かるほどでした。

帰ってくるとクタクタで会話はほとんどないぐらいでした。

肉体的疲労より精神的疲労の方が大きく、違う会社の人達にも悪評な人で、仕事はできるが性格に難ありの人で、自分の機嫌で人の扱い方が違い、当たり散らすと手に負えない人らしく、新人が入っても直ぐ辞めてしまう程周りからも一緒に仕事したくないと言われる人と組んで仕事をしていました。

「死ね」やら「辞めちまえ」機嫌が悪いと無視は日常茶飯事で、毎日一緒に居ると疲れる。とよく言っていました。

辞める2ヶ月前ぐらいから「辞めたい」や「周りから辞めた方がいいよって言われんだよね」と言うようになりました。

年に1回ぐらいは、「辞めたいな」と言い「でも辞めれないな」と言って続けてきていました。

しかし今回は、頻繁に口に出していました。

でも正直辞められたら困るのが本音頑張ってと思っていました。

そんなある日主人のイライラがピークで、理不尽に私に怒り漠然とこの人危ないと思いがありました。

休みの日に理不尽な怒り方を言うと本人は覚えていないのです。

子どものように調子悪い事は忘れるタイプなのですが、いつもとは何か違う違和感を感じ、この人鬱になるとゆう心配をしていました。

その後も何度もあり「辞めていいよ」と言ってあげたくても言えない葛藤の中

いきなり主人が有り得ない早さに帰ってきて「仕事辞めてきた」と清々しい顔で帰ってきました。

あまりの笑顔とゆうかスッキリした顔に今後の不安よりも良かったね!

となんだか私もスッキリ嬉しかった事を覚えています。そして、あの主人の顔が忘れられません。

今まで、仕事の話はあまりせず何があったか今での事を話してくれました。

辞めたのは急でもこの人は、きっと次の仕事考えてるんだろうと妙に主人を信じていました。

予想通り辞める準備はして家族に心配かけないように考えてくれていました。

辞めた時には、周りの人が、主人を心配してくれたり、仕事を紹介してくれたり、今まで頑張ってくれてたんだと改めて感謝でした。

新しい職場では、今までの経験をいかせて力を発揮しています。

性格には難ありでも、仕事を教えてくれた事は感謝していると言っています。

でも、今までの主人とは別人付き合っていた頃の明るい主人に戻りました。

毎日会話をするようにもなり、転職して本当に良かったと思っています。

私も仕事をしていた時は、何度も辞めたいと思ってもその勇気なく続けていたので、正直転職は、生活がかかっているので勇気がいります。

ましては一家の大黒柱なら尚更です。

新しい職場だってどうなるか保証もないある意味賭でもありますが、自分が壊れてしまうような職場なら思いきって辞めるのも家族そして自分の為だと思います。

頑張って耐えて手遅れになり気づいた時には鬱など体調に現れたら転職どころではありませんから主人の思い切った判断は家族の為にも正解でした。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*