大手カフェ四六時中仕事で店長辞めました

某飲食店大手のカフェ部門の店長として、三日後の開店に間に合うように福岡に飛べと命令され現地入り。

待っていたのは過酷な労働でした。

初期の生活は1Kのレオパレスに大の大人3人での共同生活を強いられ、24時間上司と生活を共にしました。

入社して半年も経たずに一店舗の店長としてお店を任され、1カ月の受け渡し以降ずっと一人で店舗のマネジメントと営業をすることとなり、泣きながら仕事に取り組みました。

店舗の営業時間は年中無休で9時から22時、前後1時間は準備と〆で拘束されることが前提でその間はずっと店舗責任者として常駐。

スタッフの面接から教育、シフト作成ももちろん、日々変化するスタッフの事情を考えながらやりくりをする毎日。

シフト内で使えるスタッフの合計時間は決まっていて、たとえば一日30時間分しか使えない場合、店長の自分はタイムカードをしっかり切って営業もマネジメントも行っていました。

もちろん本部からはちゃんと時間通りに働く指示や休みをとるように指示をもらっていましたが、それ以上に店舗がまともに回らなかった時の恐怖が勝り、隠れて出勤して業務を行うこと繰り返す悪循環。

人が足りないからと、新人社員の研修生を一人使うような指示も結局は使えない後輩を押し付けられさすがにキレかけましたが、要求される内容と自分の能力が明らかに異なっていて、一番使えないのは自分だとも感じました。

また、他の新店舗の立ち上げスタッフの面接の出張や、防火防災管理者講習などの出張も自分の休みを充て泊りでの出張が一番まともに休みを感じたという異様な体験も。

レジ金が合わないとか、夜のお客様のクレーム対応、年始のとんでもない忙しさでストレスマックスで夜中の3時頃に布団に入った時には「このまま目が覚めずに、次に気づいたら病院だったらどうしよう」とすら思える状況まで追い込まれました。

その時に、さすがに限界を感じ、辞める意思を伝えました。

やはり抵抗にあい、威圧的や同情的に止められたり、よくわからないお休みを頂いたり。

でもすでに身も心もボロボロで、とにかく離れたい一心で上司を説得して円満とはいかないまでもお互いに納得して辞めることができました。

未だに頑張っている人たちの話は聞きます。

同期で自害してしまった話も聞きます。

自分の身を削ってまでのやりがいは感じませんでしたし、身体を壊してまで全うしたいこともなかったし、再起不能になる前に退職できて正解だったと思います。

世の中のチェーンの飲食店店長ってこんなもんなんですかね?

まるで飼い犬状態なブラック飲食のカフェ仕事をやっとやめれた理由

数年前までカフェで飲食のバイトをしていました。

カフェといってもレストラン兼カフェといった形でしたので朝から23時くらいまで営業していました。

飲食をしていた方はよくわかると思いますが、バイトとほとんどしている内容は同じです。

なにが違うかっていえば、責任がともなうのと少しの事務作業があることくらいです。

社員として雇われていたので、もちろん固定給でした。

なのでいくら残業しても残業代はでない、また赤字になればそのぶんお叱りが来るため毎日かつかつ。

自分の休みの日に会議と称して報告会が綺羅かれるので事実上休みはなしでした。

そして自分は沖縄から東京にでてきた身なのですがまさかの一年で大阪に飛ばされそこでの一人生活が始まりました。

自分以外はほぼアルバイトの学生で、仕事にまじめに向き合っているメンバーなんて数えるほど・・・

そんななかでも自分は誇りを持ってやっていこうと思っていましたし、一生懸命頑張っていました(笑)

しかし、朝8時から夜十一時まで働き休憩は1時間あるかないか・・・といった状態。

毎日人も足りておらずえげつなく働きまくった後で事務作業が終わらないため無給残業。

なんだか自分が何のために生きているのか何のために頑張っているのかわからなくなることが多くなってきたころでした。

しかしそんな状態でも頑張ることができたのは仲がいい同期がそばにいてくれたことと好きな子がその店ではたらいていたからです(笑)

不純なりゆうかもしれませんが男って単純なものなんですね(笑)

それだけで、その子が来てくれるだけで、その子が入っているとわかるだけでなんだか頑張れました。

そして何度か食事にも行ったのですがその子は学生でまだまだ遊びたかったのでしょう。

まさかの二股をかけられ振られてしまいました。

話がすこし連れ増したがそんな精神的な意図に頼るほど体は疲れ切っていたのです。

そこで精神的にだめだっわかった瞬間意を決してやめました。

今では、なぜもっとはやく辞めなかったんだろうと思っています。

他の業界に比べ飲食の仕事は入りやすい分労働状況が過酷なところも多いと思います。

私はしっかりしていなかったので日記などはつけていませんでしたが日記やこんだけ残業したのに未払いであるというメモか何かをつけておくと後で裁判なんかも起こせるみたいです。

万が一のためにやっておくのもありかもしれません。

みなさんが普通に働けるように私も祈っています。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. やままる より:

    過度な労働による疲労の蓄積によって真面目に意欲的に働こうという気持ちが失われてしまうことに早く会社も気づいてほしい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*