『妊婦』世の中の男性は女性の敵だと思った。

当時、介護をしていました。その時の話です。

今はしていませんが、当時の職場でこんなことがありました。

上司は、いつも通り扱いやすい部下をいじって遊んでいる。

実は傷つけたり、本人の自由な時間をつぶしていることに気づいていない。その上早出で来た部下を遅番の時間までいさせる。所謂サービス残業です。

その上、部下がミスやら事件(個人的)を起こしたらすぐ、上に頭下げてくる・一緒に謝りに行ってやろうと言っては、いざ上に顔をだすと「何も知らなかった」という顔で謝らず部下にしかりつける。

そんな上司はいつも通りなので、職員同士の気持ちはどうとでもなります。

そこで、私は相手との子供を授かりました。当時の婚約者です。

それが分かった直後、女性の上司に相談しました。「子供授かったのですが、みんなに迷惑かけたくないし体調のこともあるから3か月後の締日で辞めさせてほしい」と。

女性上司は1人・男性上司が2人います。もう一人の上司はいつも仕事をミスしたり大変なときはフォローしてくれる優しい紳士な上司です。

そして数カ月後の退職する月のシフトができました。

15日が締日なのですが、15日以降の私の欄に出勤マークがついていました。

え?どういうこと?見間違えかな?と見ていたら上司が歩み寄って「私君、もうちょっと出てくれんか?人が足りんのだわ」と一言。当然出てくれるよな?というような顔で。

2年かけてようやく授かった子供が、上司によるパワハラのストレスでパーにしたいのか!と思いました。

「いや、無理です。体調のこともあるし、少しでもストレスたまると流れやすい体質なので無理です」と頭下げるほどにお願いしました。少しおなかが張ってきたので首下げる程度しかできません。

私は何を言われてもその日になったら行くのをやめる決意はしてましたから、当然行きませんでした。

すると当日、案の定電話があり「今から顔だけでも出しに来い」と。顔出すやいなや、「なんなんだ、これは無断欠勤だぞ」と脅してきます。

そこでいつもならフォローしてくれる上司が何も言いません。むしろひどい言葉が飛んできました。

「お前、順番が違うだろ。結婚してから子供作らな社会人としておかしいだろ」と。

ここでいいますが、上司二人ともできちゃった婚で、予定してない子供ができてから結婚した人です。

そんな人が大声でいいますか?その言葉聞いた途端涙がぽろぽろ出てきました。

「以前いいましたよね?婚約者と相談して結論がでて、子供ができるまでは働きます。そして、ようやく2年かけてできた子供なので大事に育てたいのでこの月で辞めさせてくださいって。」と涙ながら必死に答えました。

もちろん、上司3人呼び出して、婚約者ができた当初から相談していました。いつできるかわからないし、相手も相手で年齢が上なので・・・。

その歳月で2年かかり、ようやく授かった子です。相手と遠距離なのもありますが、「できるまではこっちで働くよ。」と、それからでも結婚できるし、それまでにお互いに扶養にならず、一人ずつ働いていれば多くの貯金もできます。

その関係で、できたら辞めるという結論で話していました。

事務職系であれば、座っている仕事なのでどうとでもなりますが、介護はそうとはいきません。体力仕事ですから。

腹がでてくるのを日々喜びを感じながら辞める日を楽しみにしていたのにこんな結末・・・。

実際、フォローしてくれるはずの上司の一言でストレスとなり、数日後流産になりました。

それがわかって自分が気持ち落ち着かせてから、数日後女性上司と上を呼び出し話しました。

上には書いてませんが、男性上司二人に女性をけなす言葉を言われました。いくつも。

その言われた内容も全部話しました。

今思いだすと、また涙が出てくるので書きません。

上には慰謝料ださせようか、クビにさせようかという話もでましたが、もうかかわりたくないので好きにしてくださいと伝え、施設(当時の職場)を出ました。

その数カ月後、当時の婚約者の家庭の事情で別れることになりました。

お互いに納得しての別れなので二言はありません。

世の中の男性は、妊婦に対してけなす言葉しかでないのか、ひどい生き物だと思いました。

いまは別の婚約者がいますが、その人も以前の方と同じように私を大事にしてくれてます。

今までの人生で、2回流産しているので子供を授かれるか心配ですががんばります。

ストレスを溜めないように。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*