外資系通信機器メーカを辞めるために隠れて転職活動

私は、もともと携帯電話の通信インフラを支えるソフトウェア開発者としての業務を行ってきました。客先からの注文は多いものの、世の中の役に立っているとの思いからがんばれていたと思います。

ところが、ITバブル崩壊のあおりを受けて、客先である通信キャリア様の設備投資が凍結、当然通信インフラを開発していた私たちにそのしわ寄せが来ることになってしまい、部署異動を余儀なくされました。

異動先は、同じようにソフトウェア開発を行う部署ではありましたが、通信機器とは全く縁が遠く、とにかく「ソフトウェア開発です」と名のつくものならなんでもやっていきましょう、というような部署だったんです。

結果的に、今までの経験を活かせないような雑多な案件も容赦なく我が身に降ってきて、一体何のために開発スキルを伸ばしてきたんだろう、という気分がどんどん支配的になってきてしまいました。

締め切りに間に合わせるために、雨の中休日出勤をした挙句最終電車に間に合わないかもと不安になるような時間までかかってしまい、傘をさしながら徒歩20分くらいかかる最寄り駅まで走って帰った時は泣きそうになりましたね。

そんな時、日系の電機メーカーでは、ITバブル崩壊の精算がようやく終わり、ソフトウェア研究開発の再投資を始めようと求人をかけ始めている、との情報を得ました。

最初はかなり迷ったんです。もしかしたらこの会社に残っても、また状況が変われば通信インフラの世界に戻れるかも、との淡い期待もありましたし。

ですが、結局度々の「通信関連の仕事がしたい」という希望が取り上げられることもないまま1年近い時が流れてしまい、心のなかの何かが折れてしまったような気がしました。

それならば、電機メーカーのR&D職に転職することができるなら、今のまま悶々とパラパラ降ってくる開発案件の相手をしているよりもずっと地に足の着いた、何が自分のコアとなる技術なのかを意識しながら仕事ができるのではと思うようになりました。

転職活動を始めると、最初のうちは悪いことをしてるんじゃないかとか思ってドキドキするものなのですが、はっきり方向が決まるとそんな心の揺れもなくなり、ただ淡々と応募&面接ができるようになってきます。

転職活動がバレないように、午前中に面接を受けたあと、トイレで着替えをし、着ていたスーツをコインロッカーに預けて何食わぬ顔で午後出社、なんて漫画の世界かよと突っ込みたくなるような所業もできるようになってしまいました。

そんな調子で幾つかの電機メーカに応募したところ、なんとかそのうちの一社から内定を受けることができました。そこからは一切迷いませんでしたね。

引っ込み思案な方の私でも落ち着いて辞意を告げることができました。

通信機器製造業の総務職をパワハラで辞めたい

私の現在勤めている会社は、創業者・創業者の息子の現社長のもと数年前までは、同族経営の比較的のんびりした会社でした。

(とはいえ私が10年前に30代前半で入社してからでも3度のリストラがあり、非常に厳しい時代もありましたが・・。)

その会社で私は、総務として過ごしてまいりました。先述のリストラの際総務部も部長および私の部下がリストラされ経理部と総務部が合体し、管理部となりました。

3人がやっていた分の仕事を1人でこなすこととなりましたが、業務の効率化でなんとかこなしておりました。

そんな折、数年前某社の子会社になってしまいました。

その頃は、黒字体質になっていたとはいえ、投資会社への資金償還の時期を迎え資金的に苦しかったからでした。株式の売買により、経営者一族にとってはメリットが大きかったと思います。

借金はなくなり、多くのキャッシュが手に入ったのですから・・。

某社の親会社は、世間でも割と有名なブラック企業で、某社もそれに近い社風であるとのネットでの評判を見、子会社化されたことを不安視しておりました。

それでもその年は、大きく変わることはなく、何とか1年が経過しました。

経理につきましては、四半期決算となり多忙となったものの大きな変化はなかったと思います。

しかし、その翌年親会社が、某社から某社の親会社に変更となったのです。要するに支配体制が強まってしまったのです。

そして昨年の6月の株主総会で役員が1名送られてきました。

この役員は、自分の言ったことをすぐにそのとおりやらないと不機嫌になり、私が従業員の為を思ってある施策に異を唱えると烈火のごとく叱責されました。

目を付けられたのかそれ以降は、些細なことに難癖をつけられ、軽いノイローゼ状態に追い込まれております。

人と話すのが怖い、今までできていたことができない等のうつの症状が現れてきており上司に報告し、配置転換か休職をお願いしておりました。

そんな折またいつもの様に役員に難癖をつけられ、ついに堪忍袋の緒がきれ「うるさい」と言い返してしまいました・・。

これ以降は、会社都合による退職も視野に入れ今後の対応を考えているという状況に変わりました。1人の人物により状況がここまで悪化するのだなあと思い今後どうなるのかと不安に思いますが、一方では40代も数年経過し、今後の人生をどう生きるかを考えるいい機会となったなあという前向きな気持ちも出てまいりました。

明日はどっちだ(あしたのジョー風)

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*