制作業界のデザイナーを辞めたいです

就業時間が長く不規則すぎ、精神的に落ち込んでいます。

20代の頃はそれでもなんとか楽しんでやってこれましたが、だんだん持ち直すのに時間がかかるようになってきました。

調子の悪い時は同じ作業をするのにも、やけに時間がかかります。

私達の仕事は、例えば飲食店のメニュー一つとっても、仕事の流れでいうと「メニュー決定→価格決定→原稿制作→グラフィック制作」と、作業の下流にいます。

締め切りや公開日は動かないのに、上流から仕事が流れてこないと、わたしたちの作業時間はどんどん減り、きつきつのスケジュールを余儀なくされていきます。

時間がとれず不満の残る仕事になってしまい、自身の評価が下がるとき、言い訳がしたいができない、自己批判で叫び出したい気持ちになります。

帰りの電車で、仕事のことを考えていると、自然にうめき声がもれてしまう事も多々あります。

また、絵を描くような遊びの仕事だと思われがちなのですぐに出来るだろう、楽しんでいるんだからいいだろうという押し付けも息苦しく感じるようになってしまいました。

どうせ会社にいるのだろうと夜遅くに電話をかけてきたり、いなくても自宅で作業くらい出来るだろうと、個人の携帯に電話をかけてくるそれに慣れ切ってしまっているクライアントにもうんざりしています。

それでも、デザイナーは夢のある職業なんだとずっと信じてきましたが佐野研二郎さんの事件を見て、それは仕方ないよな、世間は認めてくれないけれどやむを得ないよなと共感する部分も、やはりわたしたちのような弱小企業と佐野さんのいるような大企業は違うんだなと思うような、ずるい部分もあり業界にも、業界をとりまく環境にも失望してしまいました。

これからデザイナーは、適当な図形をさも大変な顔をして作っているように見える、楽でずるい仕事だと世間に見られてしまうのではないだろうかと不安に思っています。

10年近く続けている仕事ですが、転職活動を考えています。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*