『IT企業』上司の評価に納得いかない⇒退職

10名ほどの事務所で一人でコンピュータ関連の面倒を見ていました。

パソコンの購入、セットアップ、LANの整備、ヘルプデスク業務から業務アプリの導入や自社開発も。

所内では大変重宝されたはずですが、新しく入った上司の評価に納得できず、ストレスが溜まりました。

どれだけ成果を出しても、細かいミスをあげつらって非難されました。「貴方の仕事は評価できない」と繰り返し言われ、昇給も数年の間据え置きにされました。

その一方であとから入った同僚には評価が高く、その同僚が私と同じミスをしても、見逃される始末でした。

段々出勤が辛くなり、朝から酒を一杯ひっかけ、気をふるいたててからようやく出発しました。

そうすると仕事のクオリティーも低くなります。

上司の評価は更に下がります。

悪循環が始まりました。

残業は出来ず、帰宅後すぐにアルコールで気ばらしをします。

さすがにこのままではアルコール中毒になる・・・と、ある日精神科医にかかる事にしました。

医者は「鬱ではないが、仕事は辞めたらどうか」との診断。

精神科やメンタルクリニックの評判は色々聞きますが、あまり頼りにはならないですね。

その医者は自宅から数駅のところにありましたが、天気も良かったので歩いて行きました。

夏の広い青空をばっくにした古い街並みを眺めていると、なんとも言えず、ただ悲しくなりました。

自分は一体ここで何をしているのか。

どうしてこんなことになってしまったのか。

もっとやりたいことはあったのではないか。

声は上げませんでしたが、ただ涙が止まりませんでした。

その時の風景と気持ちはおそらく一生忘れないでしょう。

仕事を辞めることを決意(決意できた点では医者には感謝すべきですね)、辞意を表明しました。

役に立ってはいたはずですが、上司からは引き止めもなく、あっさり通りました。

最もその後、「あれが動かない」「あの設定はどうやるのか」等と問い合わせを散々受けましたが・・・

辞職後、その手続きに役所に行きました。

丁度医者に行った時と同じ街、同じ青空に辿り着きました。

青空のように晴れ晴れとした気分でした。

この解放感。

不公平に悩まされることもない。

何をやったっていい。

同じ風景が、気分によってこれほどまでに違って見えるとは。
辞めた事に後悔はありません。

あのままではアルコール漬けになって、どっちにしても仕事はできなくなっていたでしょう。

自分の人生は自分だけのもの、自分で切り開くしか無い。当たり前なことを今かみしめています。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. 鉄道1014 より:

    上司の都合というより機嫌がそんなものでそこねるのは嫌ですね。というより、そんな上司の会社には入りたくないです。

  2. くまじろ より:

    私も上司の評価制度に納得がいかず、IT関連の会社を辞めようか悩んでいます。
    今の上司は実力ではなく好き嫌いで評価するからです。
    功績は数値で表れているのに、上げ足を取るように些細なミスを大げさにし
    本来されるべき評価よりかなり低い評価がなされます。
    IT関連はこんな人間ばかりなのでしょうか。

  3. たいようさんさん より:

    上司の評価なんていっても、評価する上司がどうかしているのでは、なんとも受け止めきれなくて当然だと思います。私もいろいろあって同じような仕事を辞めたときの青空の色はよく覚えています。

  4. ひいろ より:

    IT企業ってブラックばっかですよ。
    自分で自宅サーバー開いてフリーでやるほうがよっぽどマシです。
    エンジニアが足りないエンジニアが足りないと叫んで忙しいフリをしている人たちの間で雑用まがいの仕事を頼まれるのなんてもうごめんです。
    外注でIT企業から仕事を受けたこともありますけど、早々に切り上げませした。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*