『50代』理不尽なイタリア料理店とオーナーのパワハラ

30年、自分で飲食店舗を経営していました。店舗は3店舗に事業拡張しました。

50代になり、消費税が5から10%になるという事は、たぶんこのまま運営してても長続きは無理だと考えました。そこで会社をたたんで他の店舗のレストランにシェフとして働く事に。

いざ働いてみると固定給は13万円後は残業で稼いでくれという仕組み。確かに月8回は休みはありました。ただ寝る暇が無い。月に300時間以上働きました。

ひと月たった時にアルバイトで働かしてくれとお願いしました。時給制なら自分の中で納得いく部分を作れるかもしれないと考えました。

シェフでと入ったのがアルバイトになったので、人使いが荒くなりました。熱い場所での洗い場や掃除ばかりが増えていきました。ただ、それでも仕事は楽しかった。

一緒に働いていたスタッフが良い人が多かったので楽しい部分も結構多かった感じでした。

メニューの撮影の時には何度もやり直しが入ります。1回2時間ほどの撮影なのですが、オーナーにチェックするようにメールで確認してもらうと「やり直し」と何度も何度もやり直しで。

新しい季節のメニューって言うのを月一で代える企画でやってるわけですが、「まずい」のオーナーの一言でその料理がぼつになります。

試作の段階で何度もオーケーもらった料理がイキナリその日はNGだされてキッチンスタッフは荒れていました。しかも「どこが悪い」とか言うのは一切無くイキナリせっかく用意した料理がなくなります。

撮った写真も没になり写真でもめのはなんだったんだとなります。

ある日、今度はオーナーが「掃除がなってないので自給を300円下げます。嫌だったらがんばってあがるようにしてください。」そもそもこのお店はオープンしてから20年ほど経っててものすごい汚いお店でした。キッチンも増設を重ねて、そもそも外だったところが厨房として使われていて。

水も流せないというそんな状況の中で「どう掃除すれば良いのか?」と思いました。それでも毎日最後の30分は無給でしたが掃除をできるだけやりました。それでも「汚い」とオーナーに言われ「これはキッチンが汚いんじゃなくて僕に辞めろって事かな?」と思い始めました。

今度は鍋が汚いとか色々言い出したので、僕自身我慢の限界が来てしまいそうでした。それでも他のスタッフは仕方なく洗っていました。

労働基準局にも相談に何度か電話しましたが、アルバイトという事でまともに取り合ってもくれない感じです。「何、泣きごと言ってんだ」ていう風にも聞こえました。もう今度なんか言われたら辞めようと思っていたらまた何か訳のわからない事を言われたので実際に辞職しました。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*