造園屋の体育会系っぷりに堪えられませんでした。

初めての職種で、職人さんになれるという期待を込め入社しました。

 始めは先輩に仕事の1日の流れを教わり、従業員の方々との挨拶、軽いコミュニケーションを取り仕事を覚える。この辺までは、今まで働いてきた職場となんら変わりがなく、うまくやっていけると思いました。

翌日から、会社前の庭掃除、コンビニへのお茶の買い出し、先輩の道具の準備など、朝から忙しさが増しました。仕事内容は切った枝葉を集めて運ぶ、道路や庭などの掃除などの雑用です。仕事が終われば道具の片付けをし、やる事がなくても先輩方の帰りを待ち、一斉に解散。そのうち自分も木を切らせてもらうこともあるだろうと思いながら毎日を過ごしていました。

そんな日の中で、自分より先に入った30代の先輩が、やけに社長や上司の人から怒られてるのが目に付きました。仕事が出来なければ怒られて当然なのですが、そのレベルを超えて、完全なパワハラではないかという感じです。その先輩は怒られる度に脅えしまうので、仕事が全く捗らず、また怒られるという負のスパイラルに陥っていました。

先輩は怒られない日はないというくらい、毎日怒られ続け、他の従業員ともコミュニケーションがうまく取れず、常に孤立。
結局、自分が入社してから1ヶ月くらいで辞めてしまいました。

そうならないように、うまく先輩と付き合い、早く仕事を覚えなくてはと心に決め、その後も仕事に励みました。

ある日社長と一緒に仕事をする機会があり、一生懸命働いて自分を少しでもアピールしようと思っていた最中、「ちょっとこっちに来て手伝え。」と言われたのですが、手が離せなかったので「ちょっと待って下さい。」と一言。その瞬間、「テメェ!なめてんのか!?この野郎!」と言われびっくり。

 その時は「すみません」と謝りましたが、なぜ怒られたのか理解出来ず、あとで先輩に聞いてみたところ、「すぐに行かなかったお前が悪い」と、言われました。

 こんな理不尽な怒られ方は初めてでしたが、その後も、社長の虫の居所が悪いとなぜか自分に罵声が飛んできます。

他にも、先輩からの絡みが日に日にエスカレートして、イジメの矛先が自分になったのをすぐに自覚しました。

この前辞めていった先輩は自分より早く入社して、同じようにイジメを何ヶ月も耐えたかと思うと、本当に尊敬してしまいます。

安い日給、日曜日のみ休み、早朝出勤、サービス残業、これだけでもブラックだと思いながら働いていたのに、さらに社長のワンマンっぷりや先輩からの執拗な絡み。

約3ヶ月働き、こんな感じが続くなら、もう職人は諦めてサラリーマンになろうと決心しました。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*