一人暮らしでは厳しすぎる給料の介護職を辞めます。

介護、福祉業界の給料が低いことは周知の事実だと思いますが、実際に働いてみて給料が本当に低いことを痛感しました。福祉業界に入る前は皆さんが必ず知っている、とある大手の運送会社で働いていました。

給料はそこそこ良く高卒の社員で手取り30万以上もらってる人がたくさんいました。アルバイト、パートでも場所によると思いますが、私の働いていたところでは時給1200円で月に換算するとそこそこもらっている人がたくさんいました。

私は20歳から26歳まで働いていましたが、祖母の死をきっかけに意を決して退職し介護の資格をとり介護、福祉業界に飛び込みました。実際に働いてみてわかったことは、本当に介護という仕事が好きな人でなければできないと思いました。

そして、ボランティア精神もないと無理な職業です。

女性職員は旦那がいて共働きという方が大半ですが、男性職員は30代?40代の方が多く独身で実家暮らし彼女なし、毎日のお弁当はお母さんに作ってもらってる方ばかりで、私は独身の一人暮らしですが、彼女がいて来年あたりに結婚しようかと思っていましたが、今の給料では到底無理なので介護職を辞めて実家の家業を継ぐことにしました。

現在は朝は早く、夜は残業で遅くなり残業代も決まった分しか出ず、ボーナスも寸志、利用者の送迎で車を運転してますがその手当もなし、交通費も通勤に使っている車両のメンテナンス代として月に3,000円のみ。年収にして300万円に到達しない給料で休みの日にまで他でアルバイトをしてやっと一人暮らしが成り立ってる状況です。

利用者の心配をして介護をするより自分の将来に対しての心配の方が大きく何のために働いてるのか、誰のために働いてるのかわからなくなり不安になる一方です。介護はボランティア精神があり、利用者のことを一番に考えて動ける人しか無理な仕事です。

私はボランティア精神があるわけでもなく利用者のことを一番に考えて働くことはまだできません。まだ上司には辞める旨は話していませんが3月下旬ぐらいまでには上司に話しをし、5月いっぱいで介護職になり1年が経つので辞めます。

介護職になってから毎朝苦痛でしたが、辞めると決めたら気が楽になりました。

介護、福祉業界は誰でもやろうと思えばできる仕事ですが人の嫌な面を見なければいけない仕事で本当に大変な仕事なのに給料が低すぎると思います。給料が低いから人が辞めていき、どこも人手が足りてない状況です。この給料の面をどうにかしないと人員が増えることはまずないと思います。

転職希望の介護士が職場環境の良い介護施設を選ぶポイント

「将来が不安」や「割に合わない」そして「結婚できない」また「イジメがすごい」と新卒一年目の離職率が七割にものぼる介護業界。

職場環境の良い介護施設を選ぶには大切なポイントがあります。

ポイントを押さえて転職を成功させましょう。

ポイント(1)心構え

介護業界でお金が欲しくて転職して成功した人を見たことありません。

「きつい、汚い、給料安い」3kと言われる劣悪な職場環境ですが、お金目的で転職するのはやめておきましょう。

ポイント(2)施設の経営状態がしっかりしている介護施設を選びましょう。

ずさんな管理体制の事務所に就職すると日々の業務をこなす事に必死になってしまい、「老人をケアしたい」という気持ちに陰りがみえてくるという事態にもなってしまいますのできちんとした介護施設を選びましょう。

ポイント(3)待遇面をしっかりと確認しましょう。

給与や賞与など待遇面の安定も重要です。

面接で必ずしっかりと確認しましょう。

ポイント(4)人間関係に注意が必要です。

介護士は資格を取るのが比較的容易なため、誰にでもなれる職業だと言われ、まるで使い捨てのように働かせられる事も。

尊敬できるリーダーや施設のトップがいて、職員間の人間関係が良い介護施設を選びましょう。

ポイント(5)見分け方

「離職率」や「職員配置」また「職員の構成」などに、介護施設の本当の姿のヒントが隠れています。

できる限り確認して納得して、介護施設を選びましょう。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. ちょんまげ より:

    私も介護職で、現在育休中です。
    女の私は一人暮らしのころ、
    生活していくには充分な給料でした。
    しかし、男性となると
    話は別になりますよね。
    家庭を持つとなると、介護での給料ではギリギリの生活になりますよね。
    しかし、男性の力も介護業界では必要です。国の見直しが最も必要な業界だと感じます。

  2. ますくん より:

    好きな人しかやれない仕事…心に響きました。一生懸命やったのに生活していけないなんて、悲しいですよね。

  3. じゅじゅ より:

    私も療養型病院と特別養護老人ホームで介護職に就いていた経験があります。精神的、肉体的にキツイ職種ですね。夜勤の過酷さは本当に味わった人にしか解らない辛さがあります。天職だと思っていますが今のままの給料体制では納得いかないことがあります。やりがいだけでは乗り越えられない現実があります。

  4. わんわんわん より:

    介護職でしたが、給与が少ないのでやめました。今は同じ福祉でも相談の仕事をしています。わずかではありますが、収入は上がりました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*