『旅行業界』業務の効率化・簡素化で今までの仕事がなくなり・・・

名古屋の旅行業界で働く40歳です。

入社依頼、経理畑で10年以上働いてきましたが、現場経理の縮小と本社への集中化により、地方での経理業務がなくなりました。

その煽りを受けて、慣れない営業職へ異動する事になり、一からのスタートになりました。

経理時代には役職もあり、数人の部下とともに、やり甲斐を持って仕事に取り組んでいましたが、営業職に異動すると同時に、役職が無くなるどころか、営業のアシスタントとなり、まさに新入社員の様な生活が始まりました。

どこの企業でも同じかもしれませんが、営業職の方が経理職より出世が早いと思います。経理の頃は営業の同期より出世が遅れていましたが、経理畑の中ではそれなりのポジションを与えられ、出世の遅れはさほど気にはしていませんでした。
その状況が営業に放り込まれた途端一変しました。

当然、入社依頼営業で働き続けてきた同期の方が出世も早く、それどころか年下の方が自分より上位職でバリバリ働いている環境に変わりました。

役職の無い年下の子達も人脈を広げつつ、海外への出張等を通して、自分より経験豊富な状況であり、今の自分が凄く惨めだと感じ、やるせない気持ちになってきました。

もう少し異動が早ければ、もう一度ここから這い上がろうと思えたかもしれませんが、年齢もすでに40歳を越え、経験も乏しい状況であり、正直強い絶望を感じています。

少し前までなら、このまま営業で働いていれば、数年後には少しの望みがあったかもしれませんが、インターネット上での旅行申し込みの増加や、近年頻繁に発生するテロの影響を受け、会社の業績も右肩下がりという環境であり、この先果たして明るい未来があるのかという感じです。

まだ諦める年齢では無いと上司からも言われ、自身もまだ諦める年齢では無いと思いますが、現状から這い上がろうとするエネルギーが日に日に無くなっていくのを感じ、また会社への不信感も拭えない中、徐々に自暴自棄な気持ちになっている状況です。

正直、会社を辞めて、違う環境で最初から始めたいという思いが強くなる一方です。

やはり、次々と出世していく自分の同期や後輩と素人同然の自分を比較して、ミジメな気持ちになるのが、一番の仕事を辞めたい理由に感じます。

年に数回ある東京や大阪での会議で、できるだけ同期に見つからない様にコソコソとしている自分がたまらなく嫌になります。

出張先でも若い人達にどの様に映っているのか気にしている自分が嫌になります。

惨めな社会人生活がこの後20年以上も続くかもしれないと思い、毎日ストレスを感じずにはいられません。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*