ウェブディレクターの仕事は好きでしたが、将来性0のITベンチャーにウンザリで仕事を辞めました。

ITベンチャーのウェブディレクターとして、ウェブマガジンなどの情報サイトや付随するECサイトの運営管理や企画などをしていました。

仕事内容的には、ある程度社員に運営を任されており、自分の裁量で仕事ができる環境で充実していました。
しかし、それはあくまでうわべだけのものでした。

少数精鋭の会社であったため、企業自体の方針だったり方向性が固まっておらず、早い話代表をはじめとする役員陣の気まぐれによって、事業方針や組織編成が短期間で劇的に変わる事が多く、その度に現場が混乱していました。

会社内の制度にしても、上辺だけはしっかりしていましたが穴が多く曖昧で運用はされていないような状態。

社員の働きによる正当な評価もなく、上の気まぐれに振り回されていたのです。

そんななかで柔軟な対応をすることにやりがいを感じることもありましたが、この会社はこの先大丈夫なのかという不安を感じることも多かったです。

そんな経営陣だったからなのか、不採算部門があるにもかかわらず急な事業拡大を行った時には漠然とした不安が確信に変わりました。

この会社に未来はないだろうと。

ただ、この時は積極的に仕事を辞めて他に行くことは出来ませんでした。

なぜなら自信がなかったのです。

実はウェブディレクターという仕事をしたのはここが初めてで、研修生度などもちゃんとしていないこの会社でやってきた事が本当に他で通用するのかがわからず、仕事自体は魅力を感じるところもあったので、この会社から早く逃げなければという気持ちはあったものの、なかなか行動に移せませんでした。

そんななかで会社の状況はかわっていききます。

新規事業が成功するであろうことを見越し、身の丈に合わない家賃のオフィスへの移転、新規事業は事業をはじめることなく、計画倒れとなり部長クラスの人間が次々と辞めていきました。

ちょうどその頃同業から引き合いをいただく事が出来、自分はこの会社を去る事が出来ました。

今思うとこのタイミングで会社を去る事が出来本当に良かったです。

自分が会社を去るタイミングで大幅なリストラが実施され、それによる不安を払拭する事が出来ず、多くの取引先が撤退する事態になったのです。

ベンチャー企業のいいところは、社員の自由度がたかく、目的を持って働く人間にとっては確かにやりがいを感じるところもありますが、会社の経営方針や計画性がしっかりしているかどうかは働く前にしっかり見極める必要あるなと身をもって感じる経験であったと思います。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. ナミ より:

    中規模のIT会社でWebディレクターとして働いています。
    前職も同職種だったのですが家庭の事情で転居、その際に今の会社に転職しました。

    以前の会社では新卒での入社だったこともあり初歩から色々教えて頂いてそんなに大変ではなかったのですが、今の会社では「経験者の中途採用」と言う事でいきなり新規プロジェクトの立ち上げに関わることになりました。

    人数が少ないのに営業さんが沢山仕事を取ってくるので、以前から委託されているECサイトの運営もしながら新規サイトの立ち上げの為に集められた社内スタッフはわずか4人。

    私が一番上ではないのですが、プロデューサーがクライアント側との交渉しかせず、現場の作業は殆ど私1人でやっているのが現状です。

    なんとか無事サイトは予定通りリリースできましたが、毎日の残業と休日でも送られてくる仕事メールにうんざりしています。
    他の2名のスタッフはコーディングとデザイン担当なのでサイト内容に関しての責任が重く、クライアントとの交渉や委託しているライターさん達の管理もすべて私がやっています。

    上司であるPは今回「初のプロジェクト新規立ち上げ」な為、クライアント側を向いているのが精一杯で全然頼りになりません。

    このプロジェクトが軌道に乗ったら同業他社へ転職しようかと考え始めています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*