親会社と子会社の給料の差に驚愕、仕事を辞めたくなる

入社して三十数年、ここ数年一抹の不安よぎってきました。大手企業の子会社。当社創業当時は”自分たちが動かなければ給与もでない”という切迫した気持ちと、やる気であふれていました。

しかし、10年くらい前から親会社の業績が不振になってきた頃と同時に、傘下のグループ経営という方針に変換してきました。

我々は子会社での採用、親会社のメンバーは上場企業採用のメンバー。価値観も違うし、切迫感もなし。

きれいな仕事をえらび、嫌われることを避ける。そんな輩と仕事を進めることの苦しさをひしひしと感じてて過ごしていました。

もちろんその輩たちの給料は、われわれとは段違いであるはず。そんなことを考え出すと、その輩たちの顔を見ることすら嫌気がさしてきました。

やめよう、と思っても年齢上無理。

わかっていながら、日々副業を探してしまっている自分がいます。

年齢から考えると、私たちが会社を経営し、牽引していかなければならいのですが、残念ながら経営権は、親会社からの出向者で占められており、そして更に残念なのが、その出向者たちの出来の悪さです。

「それはそうだよね、出来の良い社員が子会社に出向してくるはずがないし。親会社でポストがない人間が子会社で大手をふるって高い給与もらっている」なんて考えると、やる気も失せてしまいます。今は、家族を養うために、何とか会社に通っている状態になってしまっています。

その裏には、「過去に自分の実績で業績を伸ばし、いまの規模にしたのも自分の成果があるはず」「出向のやつらは、それも知らず、のうのうと業績を落として、出向期間が終われば、親会社に戻っていく」残された直雇用の我々は、その残骸の処理に追われる、そんな毎日になっています。

会社をやめたい、やめたいが自分の生活がままならない。こんな心境のスパイラルを繰り返し、毎日を過ごしています。なぜ辞めたいか?やりがいがない。という一般的な思考では処理しきれません。出向のやつらへのやっかみまも知れませんし、「出向のやつらの給与と自分の給与の差、のうのうと実績のないまま高額の給与を盗んでいくやつら」などと、自分の頭を整理しようにも、なんとも大人げない内容になってしまってしまいます。

しかし、今やめたい、やめられるとしたら、「お前は何になる?」と自問すると、なにも回答がないのが現実です。

知らない間に自分自身の「やる気、モチベーション」が消え失せてしまってきている事に気づかされます。感情的にやめるのは簡単ですが、いざ決心となると躊躇してしまいます。こんな人生、結局は自分の人生であり、自己責任で生きていくんだろうな?としみじみと考える今日この頃です。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. 鉄道1014 より:

    よくある話です。親会社と子会社の給料が違うのは。比較したらきりがないので気にしない方がいいですよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*