自販機ルートセールスの仕事が激務と呼ばれる理由

自販機ルートセールスの仕事は元気と笑顔で良いアピールができれば誰でも入れます。

朝7時半頃に出社し、商品の積み込みを行い、朝礼を行って8時半には全員自販機回りにいきます。

支店に配属されて間もなく、2日程の引継ぎを行い、そこからは自分でルートを回らなければなりませんでした。

慢性的に人不足の状態が続いているそうです。

運転も業務内容も何が何だかわからない状態で一人で業務を行わされました。

わからないことがあって電話しても先輩は愛想が悪く、電話しづらかったです。

ベテラン社員ですら余裕がないのです。

今思えば、常に自分のことで手一杯、担当するお客の数が多すぎたんでしょう。

期待を胸に膨らませて入社したものの、

初日から支店に戻ってきたのは20時過ぎ。

どうみても、新入社員とは思えない待遇でした。

支店から帰ってみれば毎日支店長からの説教でだれかが呼び出しを食らうような状態でした。

支店の雰囲気は常に売上のことでピリピリしていました。

私の上長も怒られていることがしばしばあり、どこか病んでいるような気がしました。

そんな上長も憂さ晴らしだったのでしょうか、部下に対してきつく当たるようなこともありました。

管理職以上の考え方が根性論をぶつけてくるタイプの人が多いので、どうにもなりません。

パワハラもいいところです。

そんな日常に耐えられなくなり、やめていく先輩や同僚をたくさん見てきました。

離職率の高い職場にはこのようなことが日常茶飯事になっています。

上の立場に立つ人間が現場をあまり理解していないことも多く、現場と管理層の溝は深まるばかりです。

トップダウン経営ではなく、ボトムアップ経営を進めていくことが急務と考えます。

目先の利益に捕らわれるだけでなく、将来的に顧客にとっても社員にとっても優良企業になるのを目指す必要があると感じました。

これは私の体験だけでなく、ブラック企業は日本には数多く存在しているので、それらの会社にもいえることです。

管理層は離職率が高い事実、パワハラの事実、1人あたりの労働環境のバランスをしっかりと把握する必要があります。

売上だけを追うことが管理職の仕事ではありません。

社員が向上心を持ち、いきいきとした仕事ができる環境作りを進めていくことが、後に、離職率の低下につながり、それは会社の売上、利益の増加にもつながってくるものと考えます。

もっと日本のブラック企業にスポットライトを当てるべきです。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*