給与が低い割には肉体労働の保育士を辞めたい

大学在学中に就職活動をしましたが、なかなか見つからず保育士と幼稚園教諭の資格取得のために専門学校へ進学しました。

卒業して公立の保育所へ入職しました。殆どが0、1、2歳児クラスの担任をしてきました。

卒業してから同じ道を歩んだ友人に相談してみると、公立でも各自治体で異なり、また、私立保育園では、独自の方針で保育を行っていました。

給与についても賃金が異なり、また仕事内容も異なっていることに気が付きました。

保育士は朝早くに出勤する保育士もいれば、日中のみの勤務の保育士、最終までいる保育士などシフトがまちまちです。

子供の受け入れの時も顔つきなどを把握したり、怪我をしていれば家でやったのかどうか話を聞いたり、保育士同士で知っていないといけないことばかりというのもありますし、また衛生面のことで覚えることも多く慣れない頃は、覚えるのに大変でした。

非常勤保育士といっても、正規の市の職員と同様の勤務内容で、この時給での対応に納得出来ず、担当課長に相談したこともありました。

非常勤保育士は大抵、年配の方が多いのですが、中には若い子もいます。

自治体によっては非常勤保育士は、クラス担任が持てず休みの保育士の穴埋めにヘルプで手伝いをしたりと任務が異なっていました。

各地色んな自治体の保育園での勤務を経験した私ですが、違いに戸惑いを感じ、また時給の安さも違うのに驚きました。

一人暮らしをしたくても1ヶ月の家賃すら払えない給与では、若い子も皆実家暮らしが殆どでした。

私立保育園では、補助金が出るので給与も良いのですが、残業も多く、早く帰ろうとしようとすると、何で帰るのかという冷たい視線を感じて帰ることが出来ませんでした。

こんな職場環境には、居たくない。そう、ずっと思っているうちに自分が精神的に病んでしまい休んでしまいました。

辛い思いをしているのに慰める言葉さえ何もない人間関係にがっかりしました。

保育士の仕事は好きですが、こんな職場環境、人間関係のところではもう働けないと思い、また、自分の体もますます壊れていくだけなので、自分にあった職場環境を選んで働ける保育所を見つけたいです。

国家試験を経ての保育現場の実情に呆れ顔

保育士とは、「国家資格である保育士資格を保有し、都道府県知事への登録をした者。また、日々保育を必要としている子どもに保育所などにて保護者に代わり保育をする者。」と定められています。

試験の内容は、筆記試験が8科目、実技試験は3分野のうち2分野を選択し、受験をしなければならないのです。

試験の合格率は、平成26年には19.3%と決して簡単な試験ではないことが伺われます。

しかし、そのようにして苦労し合格した資格でも、ふたを開けてみると、実労働とは釣り合わない賃金であると思うのです。

保育士の平均年収は約300万ちょっとです。

総労働時間は月に172時間ほどだと言われています。自分が幼児だった頃を思い浮かべてみてください。

なにかあれば泣いたり騒いだり、おとなしくしていなければいけない場面でもじっとしていられなかったり。周りとのトラブルがあったり。

たくさんの問題があります。ましてや小さければ小さいほど、聞き分けが悪かったり、更には1人だけを面倒見るわけではないため、1人の問題が終わったと思えばまた1人が問題を起こし、ということが多々あると思います。

保育時間が終われば、子供が使った部屋の掃除や資料の整理だったり、保護者の対応など、保育以外にもする仕事は山のようにあります。

このように資格を取るために身を削って勉強し、やっとの思いで資格合格につながったと思えば、実際働いてみると内容量とは全くと言っていいほど比例しない賃金の低さ。

このことが原因で保育士になってもやめたいと思う人が増えていると思います。

このことにより、今の社会問題として待機児童が増えています。

それによって更に少子化問題もあります。この問題を解決していくには、やはり賃金を上げることにかかっていると思います。

子供が好きだ、という思いを込めて保育士になっても、その職で生活していくのに困難があるなら、その職に就く人は減る一方であると思います。

保育士はただ保育するというだけではなく、子供に必要である知識であったり、その先の小学校に就学するまでに必要な準備をする場でもあると思うので、子供にはなくてはならない場であると思うのです。

また、保護者からすれば、保育所がなければ自分たちも仕事する時間がとることができなくなり、またもや生活していくことに支障が起きてきてしまいます。

ですから、保育士の失業者を出さない、更に、保育士という職につく人を増やすには、やはり賃金の問題を解決していかなければならないと思います。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. えりかちゃむ より:

    保育士さんのお仕事は本当に大変なのに割に合わないと聞きます。子供のいる私にとっては、保育士さんが居てくれるから助かっています。なんとか給与があがるといいのですが。。。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*